足の臭いの原因と予防・改善方法

足の臭いの原因と予防・改善方法について

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

革靴やブーツなどを履いていると、足の臭いが気になる方も多いのではないでしょうか。しかし、足の臭いを対策するには、その原因を知らなければなりません。そこで、足の臭いの原因と予防・改善方法についてまとめてみました。

足が臭くなる原因

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

足が臭くなる原因には、足の裏が汗を掻き易い部位というのが挙げられます。足の裏には、足の甲の3倍、背中の5〜10倍の汗腺(かんせん)があり、1日にコップ1杯の汗を掻くと言われています。

 

そして、足の裏の汗を放置してしまうと、汗が皮膚常在菌により分解され臭いに繋がります。

 

剥がれ落ちた垢

剥がれ落ちた垢は、汗と同様に常在菌によって分解され、クサい臭いへ繋がります。肌の一番外側にある不要な角質は、ターンオーバーによって生まれ変わり、古い角質は垢になって剥がれ落ちます。

 

これは、足の裏にも当てはまりますが、足の裏の角質層は全身の体重を支えるために、体の中で最も厚くなっています。そのため、角質層が分厚い足の裏は、垢の量が多いので臭いへ繋がりやすいのです。

 

蒸れ

外出をする際、足は靴下や靴により長時間覆われることが多くなり、通気性が悪くなります。そのため、温度が上昇しやすくなり、足が蒸れてしまいます。そして、足が蒸れると汗を掻きやすくなり、角質層も剥がれ落ちやすくなります。

 

また、高温多湿の状態は常在菌の活動を活性化させてしまい、より臭いが発生しやすい状態になってしまうのです。

汗・垢・蒸れが原因の足の臭いを予防・改善する方法

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

しっかりと洗浄する

足の臭いは、足を清潔にする事で予防・改善することができます。足の洗い方が不十分で不衛生な状態になっていると、臭い菌が繁殖したり汗や古い角質が溜まり臭いがきつくなります。そのため、水で簡単に洗い流すだけでなく、必ず1本1本の指の間までしっかりと洗うように心掛けましょう。

 

ミョウバン水を使う

足の臭いを予防・改善するのに、ミョウバンを水に溶かしたミョウバン水を使用する方法もあります。

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

ミョウバンは、水に溶けると酸性になるので、アルカリ性の臭い物質を中和してくれます。また、ミョウバンは汗を抑えて菌の繁殖を抑える作用もあり、足のニオイ対策にはおすすめのアイテムと言えます。

 

ミョウバン水の作り方
用意するもの
  • 焼ミョウバン50g(大抵のスーパーで100円以下で売られています。)
  • 水道水
  • 空の2Lペットボトル

 

作り方の手順
  1. 焼ミョウバン50グラムと1,500ccの水道水をペットボトルに入れる
  2. 軽く振って混ぜ、一晩置く

 

翌日、水が透明になっていることを確認すれば、ミョウバン水の原液の完成です。

 

ミョウバン水の使い方

ミョウバン水の原液は、10倍に薄めて臭いの気になるところに塗布します。塗布する際は、タオルに浸み込ませて拭いたりスプレーボトルを使用するなどやりやすいように工夫しましょう。また、お風呂上りやシャワー後、清潔な状態の足に使用するのがおすすめです。

 

重曹を使う

足の臭いを予防・改善するのに、重曹を水に溶かした重曹水を使用する方法もあります。

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

足の臭いの原因菌が、脂肪酸などの酸性の物質の場合、アルカリ性の重曹を使用することで中和してくれます。また、雑菌のエサとなる角質のケアもしてくれるので、重曹もニオイ対策にはおすすめです。

 

重曹水の作り方
用意するもの
  • 重曹(大抵のスーパーで売られています)
  • 38度くらいのお湯
  • 足首まで浸かる程度の洗面器

 

作り方の手順
  1. 重曹小さじ1〜2杯を洗面器に入れる
  2. 洗面器に足首まで浸かるくらいのお湯を入れる

 

重曹水の使い方

重曹水の入った洗面器に、両足を入れて15〜30分程浸したら完了です。臭いが落ちない場合は、重曹の量を増やしましょう。また、重曹水も足を清潔にしてから使用するのがおすすめです。

 

毎日履く靴を替える

足の臭いを予防・改善するためには、できるだけ革靴などの蒸れやすい靴を履くのは避けたいところではあります。しかし、仕事でどうしても履かないといけない場合は、同じ靴を履かないようにすることで予防することができます。

 

靴を毎日変えることで、汗がしみたり臭いがこもったりするのを防ぐことができます。

 

靴下を履き替える

どうしても臭いが気になる場合は、靴下をこまめに履き替えるのもおすすめです。昼休みや休憩時間に新しい靴下に履き替えると、臭いの原因菌が繁殖しにくくなるので臭いを防ぐことができます。

 

足の臭いを予防・改善するには、以上のケアを並行して行うことでより効果的になります。

足蹠多汗症により足の臭いがする場合は

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

足蹠多汗症とは?

多汗症は、暑くなくても多量に汗を掻いてしまう疾患で、手のひらやおでこ、背中など、人によりその症状も異なります。そして、足裏に多汗症の症状が現れてしまったものが、「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」と呼ばれています。

 

足蹠多汗症の症状にも様々あり、常に湿った状態の方もいればびちゃびちゃに塗れるほど発汗してしまう方もいます。そして、先述した通り、汗は足の臭いの原因になるので、足蹠多汗症の方は汗だけでなく臭いに悩まされている方も多くいるのです。

 

足蹠多汗症の原因とは?

足蹠多汗症になる原因は、はっきりとわかっていないのが現状です。しかし、体温調整や発汗を司る自律神経の交感神経と副交感神経が、ストレスによって乱されてしまうのが関係しているとみられています。

 

足蹠多汗症は皮膚科で治療を受けられる

足蹠多汗症などの多汗症は、皮膚科で治療を受けることができるので、一人で悩まずにまずは受診してみることをお勧めします。

 

多汗症の治療にはこういうものがあります。

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

また、足の臭いに悩む方の中には、自分が足蹠多汗症に罹患(りかん)していることを知らずにいる方もいるはずです。

 

なので、足蹠多汗症のかもしれないと思った場合も、皮膚科の先生に相談をしてみると良いでしょう。そして、皮膚科で受けられる代表的な治療方法を紹介してみます。

 

ボトックス注射

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌などを注射する治療です。ボツリヌス菌には、汗腺を刺激する神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑制する働きがあります。ボトックス注射は、注射後1週間くらいで効果が現れ始め、3〜6ヶ月持続するとされております。

 

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは、30分ほど微弱の電流が流された水に足を浸す治療です。電流により汗腺穴の縮小を促し、汗を掻きにくくします。3日に1回程の通院で、10回程で効果が現れ始めます。また、保険治療なので、安価なのも魅力です。

 

塩化アルミニウムの処方

塩化アルミニウムは、多汗症の治療に用いられることが多くあります。塩化アルミニウムを皮膚に塗布すると、一時的に汗を抑えてくれます。寝る前に塗るのが良いとされていますが、塗り過ぎるとかゆみやかぶれの原因になることもあるので、皮膚科専門医の指示い従いましょう。

水虫が足の臭いの原因になることも

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

水虫とは、水虫菌というカビの1種で、他人から感染することがあります。菌の種類は様々ありますが、高温多湿で不潔な環境下では活動的になり感染しやすくなります。

 

また、水虫菌そのものには臭いはありませんが、水虫菌により皮膚が荒れて抵抗力が落ちると、そこに細菌が入って臭いを発生させてしまいます。特に、足の指の間に出来る指間びらん性水虫は、強い臭いを発生する傾向があります。

 

足の臭いが強い場合は、既に水虫に感染している可能性があるので確認してみましょう。水虫は、必ず痒みがでると思う方もいるようですが、痒みがない場合もあるので油断できません。

 

もし、足の指や裏、踵に小さい水疱がいくつかあったり、皮膚がバラバラと剥がれ落ちる場合は皮膚科で検査することをお勧めします。

 

水虫を予防するためには

清潔にする

水虫を予防するためには、足をいつも清潔にすることを心掛けましょう。もし水虫菌が付着しても、早めに菌を落とすことで感染を防ぐことができると言われています。なので、家に帰ったら足を洗うなどの工夫をすることで、高い水虫予防に繋がります。

 

規則正しい生活を送る

規則正しい生活を送る事も、水虫の予防になります。例えば、毎日朝風呂や朝シャワーで済ませている方は、それだけ水虫菌が付着する時間が長くなるので感染しやすくなります。また、睡眠不足や栄養の偏りも体の抵抗力を下げるので注意が必要になります。

 

なので、お風呂は必ず夜のうちに入ったり、体の抵抗力を高める生活を心がけるようにしましょう。

 

家族から感染しないようにする

もし、家族や同居者に水虫の人がいる場合は、さらなる予防が必要になります。水虫の方が踏んだ場所には、水虫菌が付着している可能性があります。そして、同居している方が水虫の場合、素足で同じ場所を踏む可能性が高くなります。

 

水虫は、たったそれだけのことでも感染する可能性はあるのです。なので、生活する際はスリッパを履いたり、トイレスリッパや足ふきマットを別にすることで予防することができます。

 

水虫かなと思ったら

水虫かなと思ったら、早めに皮膚科を受信するようにしましょう。水虫は、2〜3人に1人が経験している程身近な感染症で、放置すればするほど酷くなります。それに、皮膚科専門医に診てもらうことで、効果的な治療や予防のアドバイスを貰うこともできます。

 

注意点

せっかく皮膚科に通って治療を続けても、痒みが治まると薬を止めてしまう方もいらっしゃいます。しかし、水虫菌は菌糸を伸ばして皮膚の奥に潜んでいるので、自己判断で治療を止めると再発してしまう可能性があります。なので、水虫の症状が治まっても油断しないことが大切になります。

糖尿病や内臓疾患も足の臭いに関係する?

 

足,臭い,原因,予防,改善

 

糖尿病や内臓疾患を患うと、体の免疫力が低下して、本来持っている抗菌力が弱った状態になります。このため、感染症に掛かりやすくなり、足の臭いの原因菌が繁殖して臭くなってしまいます。しかし、病気が原因で足の臭いがする場合は、菌以外にも原因が考えられます。

 

そして、その場合は足の臭いだけでなく、全身の体臭や口臭にも影響を及ぼします。下記がその原因になります。

 

糖尿病の場合

糖尿病を罹患している方は、病気の影響により「ケトン体」と呼ばれる物質が生成され、体臭の原因となってしまいます。

 

どうしてケトン体が作られる?

糖尿病を患うと、インスリンという膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンが足りなくなります。インスリンは、血糖値や糖の代謝をコントロールしているので、不足するとエネルギーが作られなくなります。

 

そうすると、糖の代わりにタンパク質や脂肪を分解して、エネルギーが作られるようになります。その分解によりできるのがケトン体という物質です。

 

ケトン体が臭いを発する理由

ケトン体には、独特な臭いを発する「アセトン」が含まれています。ケトン体がエネルギーとして全身に送られ消費されると、アセトンが呼吸や汗と一緒に排出され、臭いの原因になってしまいます。

 

胃腸器系の病気の場合

胃腸器系の病気に罹患すると、胃腸の働きが弱くなり食べ物を消化しづらくなります。それにより、体内で異常発酵を招いてしまうと、卵が腐った時の様な体臭の原因になります。

 

肝臓の病気の場合

肝臓の病気に罹患すると、肝臓が体内の毒素を分解できなくなります。分解されなかった毒素は汗に吸収され、カビ臭やニンニク臭の様な酷い体臭の原因になります。

 

また、肝機能が低下して尿毒症になると、アンモニア臭がする体臭の原因になります。

クリアデオール体臭スプレーの通販購入はこちら!トップページへワキガや汗のニオイがコンプレックスの方、キツい体臭が気になる方は、トップページでクリアデオール体臭スプレーの詳細をチェックしてみてください。